[PR] ETCコーポレートカード 津地商会の生い立ち 2005年09月
FC2ブログ

Latest Entries

旅の友




Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■それは・・■


画像のレザーマン ミニツール。

最も頻度の高い使用法は、折り畳んでハンマーの代用 なのです。



スポンサーサイト

野宿スタイル




Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■旅■


私は「ホテルや旅館」や「豪華な食事」には 全く関心無いのです。

寝床はテントor車中泊で十分だし、
コールマンのストーブさえあれば
現地調達の食材で簡単料理。

そんな江戸時代に近いスタイル(=ツーリングライダースタイル)

で十分満足します。



旅=非日常を楽しむ=不便はつきもの→それを楽しんでしまえ
・・・と考えています。

しかし女性&子供にはきついでしょうね・・・・・



仕事から引退した後、
下道のみで北海道&九州へ・・・・一つの目標です。

どちらも異国情緒あふれるところですから。




人間万事塞翁が・・・




Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■冷静な人は■


何においても「強い」と思います。

自分を見失わないわけですから。


私?興奮すると よく誤作動を起こします。

ああ まだまだですね・・・・。




一度富山で「大量味方殺戮」という失敗をしました。


迂回ルートを数人で進攻。

見事、敵チームの背後へ。

こちらに背中を向けている敵さん達を、次々と撃破。


もうウハウハ状態で、

「プラトーン」でのウィリアムデフォー状態!



で、気がつきました。



途中から味方を何人も撃っていることに・・・・・・。




今この場を借りて謝罪します。

すみません すみません すみません すみません・・・・





密林戦にて





Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■見えない点では夜と同じ■

ブッシュが濃く、見通しがきかない森林等でも
同じように音が頼りです。
落ち葉の上を音を立てずに歩く
これだけで敵に見つかる確率は減ります。
全神経を研ぎ澄まし、
ヒットコールや足音に集中すれば
戦況が明らかになってきます。

しかし音も気配も無く忍び寄る相手。
あなたはこういう人達を最大限に警戒しなければなりません。
こういう状況を打破するのに一番手っ取り早いのが
分隊で行動する・・・なのです。

ナイトストーカー



Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です
■忍び寄る影■



夜戦に必要なのは 聴覚による索敵&消音スキル。
音に関することが、ディゲームより比重が大きくなります。

ちょっとした衣擦れの音、靴底が砂利を噛む音、
木の葉と服や装備が擦れ合う音、スリングの金具が立てる音、
ゼンマイ式マガジンの中を転がるBB弾の音、そして相手の息遣い。
耳を澄ませば いくらでも聞こえます。

逆に自分がこれらの音を完全に消さねばなりません。
私がスプリング式純正マガジン派なのもこのノイズを嫌ってのことです。

「相手の殺気が見える」この発言を聞いた時、
私は「どうやって会得するんだろう?」と思っていました。
「何となく嫌な感じ」というのは、最近わかるようになりましたが、
まだまだです。
(興奮していたらダメダメになりますけど)
このように感覚が研ぎ澄まされる夜戦、ディゲームとは
趣が完全に違います。
殺気を消す練習もまた始めましょうか。

何故「音」にここまで拘るかですって?


サバイバルゲームデビューして半年間(夜戦ばっかりだった)、
コッキング・グロック片手に、電動AK持った人の背後に回り込んだり
電動G3の弾幕をかいくぐって接近していったからです。






内観




Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■エネルギーの使い道■

サバイバルゲームは他の「暇つぶし」に比べ、
総量としてはかなりのエネルギー(労力)を消費します。

まずチームを探し、コンタクトし、出かけていき、プレイ。
銃や装備を買い揃え、色々と情報収集。
家で寝っ転がって TVゲームに興じることの数倍。
それをこなしつつ、気の合う仲間に出会い、話し、
また出かける。

そういう労力を惜しまない人がフィールドへやってきます。
この動機付けとなるもの……一体何なのでしょう?
今一度考えてみてください。
(特に主宰、運営の立場の人)

世界的潮流





Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■reechさん 頑張れ■

画像は 年間300日以上韓国や台湾で働くreechさんのお土産。
CIAにマークされていると言う噂も。
airsoftで検索すると アメリカをはじめEU各国(特に英国)、
アジア圏、至る所で日本製エアガンを使用した
サバイバルゲームチームが存在することがわかります。
で、そのチームさん達のHP見てみると
広大な敷地(私有地?)でゲームやっている光景。

うらやましいじゃねえか この野郎!!ってな感じです。
さて台湾事情の詳細なレポート、reechさん お願いします。

サバイバルゲームレポート 補完




Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■樹上スナイパー(C)dekoさん■

あえてレポートに書かなかったのは、
ここ向きだからと判断したからです。

3人対その他全員戦にて。
多人数チームの我々がセーフティゾーンで待機していると
バキッ
と枝の折れる音が。
ざわ・・・・
「くらげ軍曹君 木に登ろうとしたみたいだね~」
「近いですね」
「我々にばれたから 慌てて降りただろうね」

ゲームスタート。
私は一応上方を警戒しながら進攻しました。
しかしくらげ君は見つかりません。
「そうだよな。あれだけ派手に音を出したから、
木に登るのは やめるよな」
・・・と思った瞬間、
バリバリバリッ と発射音とともに
あ っ と言う間に2名が被弾!

明らかに音像定位は、上方です。
音のした方へ行ってみると、
「あ いた」
樹上にくらげ君が 普通に いました。
そのまま彼を仕留めさせて頂きました。
心理の裏の裏をかいた作戦・・・だと思います。
真相は謎ですが くらげ君がコメントくれるでしょう(笑

ちなみに土佐の民であるくらげ君によると
「焼き魚」を食べる習慣は無く
肴は「刺身」か「たたき」だそうです。
魚好きの私には うらやましい限りです。

第六感で戦え!




Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■先日のN山戦■

生まれて初めて「殺気」を感知しました。
前進できない悟り、転進しようとしたその時、
ふっと右のほうから圧迫感:プレッシャー。
その瞬間 
dekoさんのベネリによって
ヘッドショットの洗礼を受けました。
アムロ君 私も君の仲間となったようだよ。

本当にあった恐い夜戦 IN倉敷





Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■ ゲームレポート■

Vol.022 本当にあった恐い夜戦 2005年8月6日
この日 家に帰った後
れをぱるどさんとくらげ軍曹君に
謎の体調不良があったそうです。

そしてこの生い立ちを読んだ尾道営業所さんから
恐怖の電話が。
福山の有名心霊スポット あの道のトンネルで
弟さんとお母様と三人で 昼間にを聞いたそうです
あらら 
走り屋時代 
私 
毎晩 
そこ通ってましたが…。
ひぃぃぃぃぃぃぃぃ
その近くのパーキングで聞いたんですよね~
二人が 女性の話し声と叫び声

本当にあった恐い夜戦 そして





Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■今日は■

これから書く内容は 心霊否定派の人にとっては
荒唐無稽に思えるでしょう。
私は取材(?)した内容を書くのみ。

撤収することにした彼ら。
霊感のあるリーダーがしんがりをつとめ車を走らせた。

リーダーが盾となったわけである。
しかし 複数の気配がリーダーの車を追い越し
その前を走るM氏の車に。リーダーはすぐにM氏に電話。
すると電話に出たM氏の腕を何者かが掴んだ!

見てみると M氏の右手首を右手で掴んだ跡が……。
M氏の背中を叩いて 祓ってみたものの…
そのリーダーの腕にも爪の跡(写メール見せてもらいました)
よく色々なものが見えるリーダーもこの時ばかりは恐怖した。
リーダーが警察関係者に問い合わせたところ
その場所で四件の自殺があったそうだ・・・・・
あうう マジ恐いです はい  

利己からの脱却





Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■画像はれをぱるどさんのP38です■

報酬は笑顔
……それがサバイバルゲームのリーダーの役割。
損得を考え始めたら、何も出来ません。
しかし金銭以上の対価を得られるのも事実。
それは?
昨日の記事に対する回答です。
「私の場合、多くの面白い人に出会える遊びです。」

サバイバルゲームの説明





Let's enjoy Combatgame!! 津地商会です


■色々でありますが■

よく使われる表現
かくれんぼしながら行うドッジボール
でしょうか?

確かに殲滅戦などはこれでいいでしょう。
しかしフラッグ戦等の「目的達成」型ゲームは
これだけではないような気がします。

サバイバルゲームを全く知らない人へ伝える
簡潔でわかりやすい表現 募集です。



難しい・・・・

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

津地商会

津地商会

津地商会生い立ちへようこそ!
岡山県の片隅で細々とエアソフト=サバイバルゲームを行う集団『津地商会』の主宰をしています。
エアソフト中毒である私が、雑記を綴ってまいります。




Flag Counter