[PR] ETCコーポレートカード 津地商会の生い立ち 2016年12月
FC2ブログ

Latest Entries

結成何年?と理念らしきもの



大掃除していたら古い資料発見。

津地商会のスタートは何年か?何も記録が無いので曖昧です。
私がこの遊びを始めた時期は、マルイの電動ガンが一世を風靡、ホップアップが標準化、AKやG3がデビューして間がない頃なのは覚えてます。

画像の資料から逆算すると1995年説が最有力で、そうなると結成21年てとこですか?だからどうってことはないのですが、多くの人の協力や支援でここまで来られました。ありがたいことです。
動機、理念と言いますか「安全に面白く安心して」エアソフトを遊ぶというのは一貫しています。せっかくの休日をつまらない思いはしたくありませんし「また来たい」「この人達と遊びたい」と参加者に思ってもらえたら……が主宰としての私の切なる願いです。全てはそこに立脚してるんですよ。


その感謝を胸にさらなる前進を果たしますので、来年以降もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

咲-saki-


「咲-saki-」の実写ドラマ観ました。原作もアニメ版も観たことありません、だって麻雀知らんし(大学時代、先輩方が「お前はこれ覚えんでも大丈夫やろ」と言われた記憶と、寮の隣部屋での徹夜麻雀がうるさく、その部屋の主である先輩に怒鳴り込んでやろうかと怒りに燃え、それは面白くないと考えを変え、女子禁制だけど色んな女の子連れ込みなんやかんやと音を出す作戦に切り替えましたとさ)。

ただ実写ドラマ化の情報見て「再現度高いなー。こりや安易なドラマ化ではなく、原作をリスペクトしてるんじゃないの?」と思い、各レビューでも概ね好意的。それならば……と。話は王道のスポ根もの。素材が麻雀というだけ。原作の面白さは保証つき。この作品、「けいおん!」と時期が被らなければナンバーワンヒットになったのでは?と個人的には観測してたので、興味はあったのです、前から。
まぁまぁなんじゃないの?

で、その後アニメ版を1期の9話まで観たところ。こりゃ面白い。


……で、判明したんですよ!

びっくりです。
この人!身長以外の再現度高いっ!釘宮ボイスを徹底的に研究したのでしょうか!?また演技も突出して上手いので、他の登場人物の下手さが浮き彫りになるという悲劇。

美少女動物園という手法は昔からあったかもですが(具体的にパッと思いつかない)、アニメの常套手段を実写ドラマが取り入れたように思いました。

響け♪ユーフォニアム2



終わりました。
最終話卒業していく3年生達。送別会のシーンで、3年生が思ったより多かったので「来年1年生をたくさん入れないと……」とデカリボン先輩と同じ気持ちになった私は、

この原作者のツイート見て「こりゃ是非読みたいな」と期待します。
吹奏楽部とは全くの無縁だった私には大変興味深い題材でした。ハルヒの時クラスメイト一人一人を漏らさず設定した、まさに京都アニメーション向けの題材だったかと思うので、この路線を今後期待したいところ(関西弁→標準語改変は仕方ないか)。

夏希先輩と葉月ちゃんが好みです。

ゴルフの日



小雨のち曇り。
本格コースデビュー。
ドライバーがダメダメなのでティショットは5番。
バンカーには2回。
脱出はすんなりセフセフ。
歩くのが楽しいのでカートにはあまり乗らず移動。




「プロゴルファー猿」「明日天気になぁれ」の世界を体験しました。






さようなら2016年



色々あったようでもあり、平々凡々だったようでもあり視点や価値観次第で感想は様々に変わります。
観察力も考察力も足りないなと実感すると同時にそれらを身に付けるには喜怒哀楽に支配されない冷静さであろうと結論づけましたが、この冷静さが中々私にとっては難関ではありますが、努めて意識するしかないだろうなと思っています。
やってやれないことはないでしょう。
それを意識した結果、一つ成果が得られたので継続するしかないでしょう。

魔法少女育成計画 restart 前巻・後巻



これは傑作だ!
無駄のない文章で綴られた物語は凄惨なもの。
テレビアニメ化されたエピソードはスノーホワイトという規格外の魔法少女誕生編とでもいうべきプロローグだだったわけです。

強制参加で集められた15人の魔法少女達にRPGタイプのゲームに招待され、恐ろしく高額な報酬が提示されます。各人の思惑はそれぞれに全員参加。始まった途端1人の犠牲者が……。
「ゲーム内での出来事は現実世界へのフィードバックは無い」との説明とは裏腹に死亡者が出たことにより不穏な空気に包まれます。

「誰が?何のために?」と話が進み綿密に撒かれていた伏線をラストで回収。いやースノーホワイトさん、(精神的に)強くなりましたわー。
続きをamazonでポチりました。




頭固いですからねー、自分

だからこそ訓練が必要だなーって痛烈に思いました。

(LE:Law Enforcemetつっても、妄想次第で武装追徴税取締税務官、対害獣対策林野庁部隊、海保と協力して取り締まりに当たる水産庁特殊部隊とか)


今期何見た?



「魔法少女育成計画」
何とも凄惨な死闘の果てに残った2人(ホワイトは何もしてないけど)。ぶっちぎり今期ナンバーワンとなりました、私にとっては。原作が気になったので続編である「restart」前後巻をamazonで注文。

「ブブキブランキ 星の巨人」
2期です。最終話の後日談が新鮮でした。
OPが相変わらず良い。しかしどう言った層に向けた作品なのかが今ひとつ不明瞭ではありました。



「終末のイゼッタ」
まぁ……うん。イゼッタの人間味が今ひとつ感じられなく一捻り欲しかったかなーって。

クッキーズさんの撃ち納め airsoft log.


クッキーズさんの撃ち納めにお呼ばれしてきました。
7222氏、かるび氏、でしゅナイト氏、太公望氏、スズリン氏も一緒です。ナイトゴーストさん、鳥取のGERMさん、そして高知からゲストロンの皆さん。

我々ゲスト連合+クッキーズ古参メンバーvsクッキーズ若手(?)連合のガチバトル。総勢30名ほど。

実は昨夜たまってたアニメ、小説、コミック、ウォーキングデッドのチェックなどで就寝は2時。4時半に一回目が覚めて二度寝。6時起床。
少し眠かったのですが、そのおかげでしょうか、割と落ち着いてゲームできました。
最初のゲームで4人連続狙撃成功。
「あ、運を使い果たしたかも」

その後我慢に我慢を重ねてアンブッシュしていたスズリン氏の逆転虐殺ショーの話を聞いて「じゃ次のゲーム、ギリギリまで引き付けるまで我慢します!作戦」。
スズリン氏の発砲を合図とすることに。

下流スタート。敵ヤングチームは俊足です。それを活かして始まってすぐに我々の眼前に迫ってくるという高機動ぶり。なんでも先週日曜に若手だけで集まってアルファルート(上流→下流)の攻略の練習会をしたそうです。ふえー!通りで早いわけです。


「スタート!」スズリン氏太公望氏と全力疾走。
すると……いきなりスズリン氏が前方へ射撃開始。
そう、目前まで敵さんが走り込んできてて、スズリン氏はそのまま戦死。
私と太公望氏はその場で伏せて、後方の7222氏支援射撃を隠れ蓑にして敵の接近を待ちました。

7222氏の支援射撃が太公望氏に当たり私は独り。3人ほど倒したところで目の前に現れた寝不足エンジニア氏に屠られましたとさ。

次の次のラウンドではセーフハウスと言う名の巣篭もりポイントを複数作り、APS2を持ち込みましたところ、早々に位置を完全に補足され大量の弾丸を撃ち込まれました。
「ひーっ!なんでこんなにピンポイントで撃ってくるねん?」不用意に動いてAPSのバレルが見つかってるとも知らない私は頭を下げひたすら耐えました。
……それだけでしたけどね。気がつくとアルファエリアはシーンとなり、カウンターアタックへと前進始めたスズリン氏、ウルフ22氏に着いて敵フラッグ攻略へ向かいました。

中途半端はダメ。動くなら大胆に。そんな教訓。




一緒に遊んでくれた方々ありがとうございます。
また来年もよろしくお願いします。



(7222氏が笑いながらこじぇい氏に1月2日待ってますって言ってたけど……)

色々作れそうなロシア人の言




子ども用ハーネスに思うこと

賛否両論らしいです。

私の思い出。
長女が2歳ぐらいの頃、義父の提案で奥出雲にある「鬼の舌震(おにのしたぶるい)」へ紅葉を観に行きました。

そこの遊歩道を歩いていた時のこと。

※画像は
勝手に奥出雲探求レポートhttps://www.okuizumogokochi.jp/1094より。

チョロチョロしていた長女が柵の隙間から落ちました。

私は普段なら考えられない反応速度で長女を抱きとめたんです。それこそ危機一髪。
母が大きな声で「危ない!」と叫んだのはその後。
それぐらい一瞬の出来事でした。

2歳ぐらいの子どもは、親と繋いだ手を振りほどき予測不可能な動きをします。



この経験から子ども用ハーネスに反対している人々にも、少しは理解があればいいのになーと思っています。

「夜は短し歩けよ乙女」アニメ映画4月公開



「四畳半神話大系」「有頂天家族」の森見登美彦作品。
非常に楽しみです。

定番ですが



16年使ってますが、まだまだ主力狙撃銃。

リスクの高い賭けと謎のコント


すごく久しぶりにフラッグ守護神=枯れ草トーチカを作りました。中に入るのはガルデン氏。なぜか皆んなノリノリで。誰もフラッグ取りに来なかったら全くの無駄骨というものでしたが、幸いにもタカシキ氏が罠にかかってくれました。ありがとうございます。




【事件の謎は解けた!?】
昼休憩の後、殲滅戦を裏表行ないました。デザート系迷彩チームはフラッグ位置からスタート。私は赤の矢印ルートを進行。
B2エリアで敵2名をゲット。そのまま南進。
私の後ろにカーシー氏とzyx氏が続いてました。
B3エリアへ差し掛かったら、B4に背中を向けてるあぐ氏(敵)発見。サイティングしたら他の味方に仕留められ、C4にタカシキ氏(敵)を発見、これまたサイティングしてたら他の味方と相討ちで退場。

すると私の後方から7222氏(敵)が歩いてきました。退場中のようです。「なんで私は無事だったのだろう?」と思った瞬間カーシー氏が撃たれます。
zyx氏に「そっち側敵がいるよ!」と叫び警戒。
するとzyx氏もダウン。
そしたらですね、かるび氏(敵)が出てきました。退場してるようです。
「味方がまだ後ろに?いたっけ?」などと思案してたら田に旬氏(敵)が見えました。狙撃。やったぜ。
味方はいませんでした。かるび氏をやったのは誰?


【解答編】
カーシー氏とzyx氏を仕留めたのはかるび氏。なぜか田に旬氏はzyx氏を味方と勘違い、「味方を撃つとは!けしからん奴。粛清だ」とかるび氏を撃ったのでした。
かるび氏……カワイソウ。

でもなんで先頭を歩いてた私が無事だったのかは未だに謎です。

撃ち納め定例 airsoft log.



そんなに寒くないかなーって思ってたら、何と気温は2度。

そりゃ寒いわなと思いつつ現地へ。天気はまぁまぁ良かったのですが、最初の画像のように少し雨がぱらついた後2本の虹が見えたり、風は冷たく本格的な冬の到来を実感する中41名の大人達が走り、飛び、這いずり、登り、回り込み、笑い、叫び、勘違いによる味方粛清をしたり(私じゃないすよ)して大いに楽しみました。

津地商会25名、ゲスト16名
合計41名。

敬称略
zyx
ゾロ
てんちゃん
とりご
かるび
ATフィールド
ガルデン
ヤマダ
おデビン
クロブチ
デネブ
7222
タカシキ
あぐ
ムラサメ
ク・スノウ
☆豆☆
わたなべ
ローエングリン
カーシー
でしゅナイト
ひかり
ウラル
田に旬
津地商会

【ゲスト】

太公望
HARUMAGEDON
コヤマ
ユージン
ネルソン
葛葉
アラカ
サイドピーク
ライスファーム
うっぴー
ぶっちー
秘密のクロ
ハラミ
キキビレンジャー
works
はやせ


さて今日はちょいと恣意的なチーム分け。
「デザート系迷彩チーム」と「緑系迷彩チーム」。
かなりの人数差が発生しましたが、当人達の快諾も得られたので、そのままスタート。戦局はそこまでワンサイドゲームにはならなかったのです。
その理由はデザート系迷彩チームの面々を見れば明らかでしょう。
※敬称略
ゾロ
てんちゃん
かるび
ヤマダ
7222
タカシキ
あぐ
☆豆☆
でしゅナイト
田に旬
太公望
HARUMAGEDON
コヤマ
ユージン
葛葉
アラカ
ハラミ

そう17名。ベテラン揃い。コヤマ氏のみ今日がデビュー。
41名−17名=24名。
対する緑系迷彩チームは、チャイカフィールド初の人、野外ゲーム初の人織り交ぜ年齢若め、経験値低め。途中帰宅や休憩で人が抜けて「13名vs24名」といった状況もあったわけですが、むしろデザート系チームは善戦し、状況を楽しんでて、後半緑系迷彩チームから3名ほど抜けデザート系チームへ鞍替えしていました。そりゃーね?



ゲーム形式はワンフラッグ戦。
フラッグ側スタートチームは相手の殲滅を持って勝利。
攻撃側チームは、どこからでもフィールドインOKでフラッグアタックが勝利条件です。

C2の黄色い三角がフラッグです。
この方式を採用したのは、以前ゲームの一連の流れを計測してくれた友人が「セーフティからフラッグに向かってその後スタートするまでが一番長い!」ことを指摘。その無駄時間を減らすためでもありますし、広いフィールド、歩いていく労力を半分に、ゲーム回しも早く、との狙いです。
こなしたラウンドは15ほど(多分)。
季節柄、若者達はかなり走り回り、私もかなり走りました。アンブレラ社鎮圧部隊となったゾロ氏が突撃を敢行しかなりの脅威となったり、タカシキ氏が小隊を率いて走りこむとか、中々の新機軸。
私は後半APS2をずっと投入したのでヒット&アウェイ。CQBも野外も同じだと意識して動き回りました。
本日はボルトアクション多め。7名が使用。

デザート系迷彩チームの連携に対し、こちらは包囲殲滅陣形へ持ち込むように展開。まさに「米軍特殊部隊vsゲリラ軍団」ぽくなったわけです。
減量の効果かそれほど足は疲れてません、引き続き食事のコントロールを行おうと思います。


トラブルなくストレスなく笑い有り(ク・スノウ氏迷子事件とか)で心地よい疲労に包まれ明日への活力を養える面白い遊び、それがエアソフト。

遊んでくれた方々に感謝するとともに、来年は少しだけ新企画を入れて楽しみながらのスキルアップを目指したいと思います。



ユーリ!!! on ICE

岡山県南部でサバイバルゲームしています。

などと供述しており。

ユーリ!!! on ICE面白く観ています。腐女子向け?ノンノン。よくできたスポ根ですよ。




これには微笑しかありません。

老ヴォールの惑星 小川一水

最近予約投稿してますので。

とうとう読了です。
短編集です。
最後の「漂った男」は孤独に耐え兼ねおかしくなっていく様が「アルジャーノンに花束を」が思い浮かぶような描写で、
読み進めるのが少し怖くなるような、でも早く結末を知りたくなるような。

SFに惹かれるのはその舞台や設定の中で描かれているのはあくまでも「人間」という点。
安っぽくなってしまった邦画にありがちな「人間ドラマ=家族愛異性愛」だけではないのですよ。

20161210091238244.jpg


アレルギーとパンク

今週やたらと人懐こい猫に絡まれて、治ったと思ってた猫アレルギーがまさかの再発。
(犯猫は画像右)
止まらないクシャミ、涙目。そのまま次の家でもまた人懐こい猫が!おい寄るな!でもモフる!クシャミと涙目。何とも気まぐれなアレルギー。
まぁ猫さえ避けたらいいので。

すると。家内からLINEが届く。
『悲しいお知らせ』
不安なタイトル。
『あなたの車パンクしてるよ』
にゃんだと!
近所のおばあちゃんに指摘されたのとのこと。見てみるとぺちゃんこ。ロードサービスに連絡。まいったねこりゃ。
大抵釘を踏んでる。釘にシリアルナンバー刻印して、道路にばら撒きパンクの元になった場合、購入者から罰金を徴収するよう道交法を改正しやがれ……と思わなくもない。


エアソフトするには身体が資本だし体重軽い方が走り回るのに有利。
体重は微減、ウエストは少し細くなってきて、原因はもちろん有り。
大袈裟なことではなくて「ガツガツ食べる」ことをやめただけ。ここまで生き長らえてもう充分食べたやん?
空腹を覚えてからでないと食べないことにしただけ。

満たされない果てに

俺の言うことを聞けーっ!
俺の価値観に従えーっ!
俺のルールに従えーっ!
俺を尊敬しろーっ!

これらが通らないと、オ◯ム真理教の如く「俺の言うことを聞かないのが悪い!罰を与える」となるわけですよ。癇癪起こしちゃうんですね。


そんな人いますよ、自制しないとねー。

これからは冬用迷彩

迷彩服の効果は、実際に野外戦で着てみれば分かります。そろそろ冬枯れの季節。相応の服を着るとしましょう。

ナイトデザートカモは予想以上にブッシュの中で目立たなかったと思います。DPMはウッドランドより日本の植生に合っててお気に入り。

CQBとかインドアでは適当に。ネタ用に買ったブラックタイガー、出番があるとは思いませんでした。


キャップとブーニーハット、前者の方が見つかりやすことがよく分かりました。ツバが動くと目立つのです。
どうしよう……。

こんな顔で驚いてた話

「アラカ君は25歳だよ?」


はたたん・チャコ氏はこんな顔。




「S6さんは23歳だよ?」
その時のヒカショウ氏の顔。

暁傭兵団定例



突発的事情で急遽MGフィールド→ガル殿に変更となった暁傭兵団さんの定例に参加してきました。15名。
11時頃から大粒の雨が降り始め、結果オーライと。

Works氏がノリノリでスモークマシンを準備!
(ガル殿には2台有り、それぞれWorks氏と7222氏が所有)。Works氏はその煙の中に隠れたり。


こんな感じ。

一時、1メートル前も見えなくなるほどの濃霧状態になり、現場に混沌をもたらし、まさにクトゥルフ!

午前中、1回リスポーン有りの殲滅戦。
久しぶりのショウ氏、N浜氏、初参加のチャコ氏、カイト氏、イトウ氏も楽しんでいる様子。どうしたってFFが起こりますので、それはまぁ仕方ないかなー。

午後から数ゲームポリタン戦。半分に分けて(Aチームがプレイ時Bチームは休憩)のバトルロワイアル形式。

観戦スポットだと、

目の前で迫真の展開を観ることが出来ました。

まずWorks氏がポリタンをゲット→攻撃→逃走。


そこにあったポリタンの場所をフィールドインの際、目撃してたイトウ氏が取りに来たものの……「あれ?」


顔ぶれが変わると戦局が大きく変化し勉強になることも多々有り、中々楽しいものです。
一緒に遊んでくれた人に感謝。
場をプロデュースしてくれたヒカショウ氏にも感謝。

あ、また偽ねうろ子さんをやりました。


こちらは御本人。

さて無駄撃ちをなくそう!


ボルトアクションを使うのは、自分を戒めるためでもあります。ほんま。
「外したらヤられちゃう!」と思うと慎重に狙うし、気合を入れて身を隠します。

しかし電動に持ち替えた途端……うーん。



「リアカンにしたら?」と何やらそんな囁きが聞こえます……いや、ちょ、それは……やっぱ……ねえ?

こんな顔して


ニャーニャー鳴きながら擦り寄ってきます。

お前、長生きしろよ。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

津地商会

津地商会

津地商会生い立ちへようこそ!
岡山県の片隅で細々とエアソフト=サバイバルゲームを行う集団『津地商会』の主宰をしています。
エアソフト中毒である私が、雑記を綴ってまいります。




Flag Counter